茨城県つくば市の胃腸肛門専門クリニック。痔の臨床経験40年以上。痔・肛門のしまりの治療で新しい治療法を実践。全国から来院がある。発表論文多数。

MENU

ご挨拶

茨城県つくば市、痔・肛門のしまりの専門医

院長 大見 良裕(医学博士)

incho

日本大腸肛門病学会元評議員 専門医・指導医

1972年
横浜市立大学医学部卒業、同大学第2外科入局。大腸癌、特に直腸癌の診断と治療に携わる。複雑痔瘻の治療も行う。

 
1980年
日本大腸肛門病学会より“直腸癌のリンパ節転移の臨床病理学的特徴”の論文で「学会賞」を受ける。

その他にも多くの研究・論文・学会での発表を行う。
研究・論文・発表一覧

副院長 大見 琢磨(医学博士) 

難病指定医
日本外科学会専門医drtakuma
日本消化管学会専門医

帝京大学医学部 外科 大学院卒

ご挨拶

大見クリニック医療のさらなる発展のために

 筑波山と筑波研究学園都市のある茨城県つくば市で大腸と肛門の病気についての専門医院を1990年に開院して、これまでに6万人近くの方が当院を受診されました。当院の新しい治療法を求めて、遠くは北海道、九州、沖縄など全国からの受診もあり、責任の重さに身の引き締まる思いです。微力ながら全力を尽くして、医療のさらなる発展、社会への貢献に努めたいと考えています。 

専門は痔の手術

 横浜市立大学第2外科に在籍していた時は、大腸癌、とくに直腸癌の診断と治療(主に手術)を専門として、また難治性の痔瘻の手術も時に行い、その後は本邦でも有数の痔の専門病院である松島病院に勤務し、痔の手術を積極的に行ってきました。これらを下地として、当地で大腸肛門病専門のクリニックを開院し、現在に至ります。臨床経験は40年以上となり、たくさんの症例を診てきました。

大見クニックのご紹介

 大見クリニックでは、院長と副院長および非常勤医師が皆さまの治療にあたります。大腸内視鏡検査の他に、お尻のしまり具合を調べる肛門内圧検査や、肛門管造影検査など専門的な検査も行っています。
 痔の手術は、患者さんの安全を最優先に、一泊だけ入院する手術のみを行っております。実際の手術方法は、世界的にもスタンダードな手術法と、当院で独自に開発した新しい手術法があり、患者さんのご希望と医師の判断で、ご相談の上どちらを行うか決めます。病気の部分だけを治し、周りの正常な肛門組織をできるだけ傷つけない方法を行い、肛門の機能を手術後も良い状態に維持することが最も重要だと考えています。詳しくは当院の手術法のページでご紹介していますので、ぜひご覧ください。
 肛門の専門クリニックですので、痔の様々な症例に対する臨床経験が豊富ですから、安心して治療を受けていただくことができます。

大腸癌精密検査登録施設

 大見クリニックは、大腸癌精密検査登録施設に指定されています。大腸の内視鏡検査は、検査時に鎮痛剤や鎮静剤を使って行うか、又はできるだけ使わないで行うか、方法を選ぶことができます。また検査時に小さなポリープなどの病気が見つかった時はその場で切除できます。(やや大きなものは入院が必要になります。)もし「癌」の疑いがある場合は、総合病院をご紹介します。なお、大腸の精密検査としての注腸バリウム検査は、被ばくを避ける為行っていません。 

お気軽に受診を

 肛門科というと、かかりづらい印象をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、どんな病気でも早め早めの治療が大切です。診察は、想像以上に早く終わることがほとんどです。せっかく良い治療法があるのに知らなかったり、恥ずかしいから受診しなかったりなど、とても残念なことだと肛門科の医師は歯がゆく思っています。皆さまが不安や不快な症状を克服されて、より健康で快適な生活が送れることを願って日々治療に努めておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

PAGETOP
Copyright © 大見クリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.