茨城県つくば市の胃腸肛門専門クリニック。痔の臨床経験40年以上。痔・肛門のしまりの治療で新しい治療法を実践。全国から来院がある。発表論文多数。

MENU

便秘の原因って?

Q.私はひどい時には便が1週間出ません。便秘の原因は何ですか?

A.
腸の内腔が狭くなって便が通りにくい場合と、腸の内腔が狭くないのにうまく便が通らない場合の2通りに分けられます。
腸の内腔が狭くなるものは、大腸癌、クローン病、腸の癒着や憩室の炎症などがあります。とくに直腸や肛門が狭くなるのは、裂肛(キレジ)や痔瘻が進んだ時や、痔の手術後で肛門が狭くなった時にもみられます。癌はすぐに手術を含めた治療が必要ですが、それ以外でも症状により手術が必要となります。
腸の内腔が狭くないものは、①腸の動きが低下する高齢者、寝たきり、糖尿病、甲状腺機能低下、膠原病(関節リウマチ、強皮症など)、精神疾患(うつ病など)で内服治療中などがあり、②逆に腸の動きが亢進する過度のストレス、過敏性腸症候群や③骨盤神経などの神経の鈍麻、④女性で直腸前壁が弱くて膣内腔に膨らんでしまう直腸瘤、⑤排便を我慢したために糞づまりの状態、⑥稀に痔の注射治療の後遺症などがあります。
これらの治療は一般的には規則正しい排便習慣を保つ、適度な運動をする、食事は繊維の多いものを摂る、水分を多く摂る、場合によっては薬を服用するなどがあります。いろんな原因で便が出にくくなることから、まずは医療機関を受診して相談してください。

 

大見クリニック胃腸科肛門外科|お気軽にお問合わせください TEL 029-857-7373 月~木・土 9:00~12:00/月~木 16:00~18:00

PAGETOP
Copyright © 大見クリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.