茨城県つくば市の胃腸肛門専門クリニック。痔の臨床経験40年以上。痔・肛門のしまりの治療で新しい治療法を実践。全国から来院がある。発表論文多数。

MENU

お尻から血が出ます!

Q.肛門からの出血があります。原因は何でしょうか?

A.
まずは、直腸肛門部の癌やその口側の癌を考えなければいけません。がんからの出血は初めは少量でも次第に多くなり、貧血になってから発見されることもあります。良性の大腸ポリープでも出血があります。
また、大腸の炎症、例えば難病の潰瘍性大腸炎やクローン病、抗生物質などの薬剤が原因の大腸炎で、また食中毒や他の細菌による大腸炎、ウイルス感染による大腸炎、前立腺癌などの放射線治療による直腸炎や、他には腸管の血流異常による虚血性大腸炎、結腸憩室からの出血、月経に伴う腸管子宮内膜症からの出血、排便時に強くいきむことによる粘膜のたるみ(直腸粘膜脱症候群)から、まれに糞づまりによる直腸潰瘍などからの出血があり、時に腰痛などのために使う痛み止めの坐剤を使うことによる直腸炎からの出血もあります。
もちろん、最も多くみられる出血の原因は痔核(イボジ)や裂肛(キレジ)からの出血で、とくに飲酒や便秘で走り出る程の出血のため貧血になることもあります。痔瘻からの出血は量が少ないことが多いです。他に、痔の注射治療の1~2ヵ月後に出血を来たすこともあります。
このように、いろいろな原因で肛門からの出血がみられますので、早めに医療機関を受診してください。

 

大見クリニック胃腸科肛門外科|お気軽にお問合わせください TEL 029-857-7373 月~木・土 9:00~12:00/月~木 16:00~18:00

PAGETOP
Copyright © 大見クリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.