茨城県つくば市の胃腸肛門専門クリニック。痔の臨床経験40年以上。痔・肛門のしまりの治療で新しい治療法を実践。全国から来院がある。発表論文多数。

大見クリニックについて

  • HOME »
  • 大見クリニックについて

大見クリニックは、茨城県つくば市にある胃腸と肛門の専門クリニックです。

大見クリニックの特長

肛門の痛み、肛門周囲の痒み、肛門のしまりが悪い、便もれで下着が汚れる、といった恥ずかしくて誰にも言えずに悩んでいる方や、しつこい便秘、止まらない下痢、肛門からの出血や、大腸がんを心配されている方など、肛門や胃腸のことで「辛い、困っている、不安である」という方は、どなたでもお気軽に当院にご相談ください。

痔の臨床経験は40年以上、当院の治療方法を求めて全国からご来院いただいております。大腸や肛門の様々な症状でお悩みの方は、人に言わないだけで実はたくさんいらっしゃいます。一人でも多くのそういった方々のお役に立ちたいと思っております。

ちなみに「肛門の診察は恥ずかしい」と思われがちですが、横向きで数分もかからず終わります。医師の指診は手袋をはめた指にゼリー状の麻酔薬を塗って行うので、痛みは軽減されます。(リラックスして力まなければ痛みはあまりありません。)

また、「手術と言われそうだから医者に行きたくない」と思う方もいらっしゃいますが、例えば痔ろうでも、長年の臨床経験から 手術が必要なものと必要でないものを見分けることができます。現在のところ当院では 一泊だけ入院する手術 のみを行っておりますが、積極的に手術をお勧めするようなことはいたしません。他院で手術が必要と言われた方も含めて、ぜひ一度当院にご相談ください。

放っておくと悪化してしまったり、癌などの病気が隠れていることもあるので、お早目の受診をおすすめいたします。
なお
、これはどの科でも当然のことですが、患者様の秘密や個人情報保護は厳守いたしますので、安心してご来院ください。

臨床経験の継続

院長は、大学病院で大腸癌と肛門病の研究に取り組み、その後の勤務でも数多くの症例を経験することによって技術を研鑽してきたため、大腸癌の早期発見と、肛門病の診断と手術を含む治療は、開院当初から専門性がそのまま維持されています。
副院長も、大学病院で大腸癌を含む大腸疾患の診断と治療を専門としていたため、それぞれ臨床経験が継続されているのが特徴です
。(論文発表多数あり

一番良い治療方法の選択

医師の診断をもとに、患者さんのご希望に沿うよう、よくご相談して治療法を決定します。
数ある治療法のなかから、治療後の機能が良い状態で維持できることを最優先に考えて、その方に合った一番良いと思われる方法を選択します。手術を行う場合でも、周りの正常な組織をできるだけ傷つけず、病気の部分だけを治すよう心掛けています。(手術の術式は多数あります。

大見クリニックは、日本大腸肛門病学会の認定施設(専門医を育成するための施設)として認められています。

PAGETOP
Copyright © 大見クリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.